炊飯釜の管理 ?>

炊飯釜の管理

私が使っている炊飯釜のメーカーは、象印です。私の釜もそうですが、多くのメーカーの内釜は、フッ素などのコーティング加工がされています。
金属のスプーン、お玉などで、傷を付けないように注意して下さい。
 「洗い桶」の代用にしてはいけません。

メーカーによっては、内釜でお米が砥げますが、普通の内釜は、お米を研ぐとコーティングが傷みますので、ボールなど、他の容器で研いで下さい。

私が使っている象印は、炊飯が終わると自動で、保温になります。
しかし、自動でオフになりません。
内釜のご飯をすべて食べて空の状態でも、保温が続きますので、必ず自分で保温をオフにして下さい。
————–
保温をオフにして、ご飯を容器に移し、釜が冷めてから洗いましょう。

メーカーによって違いがあると思います。以下は、参考までにお読み下さい。

r2016040101image

内釜は、外して洗います。

r2016040107image

r2016040103image

蓋の部分にある色の濃い部分は、引っ張るとパカッと開きます。

r2016040104image
水で洗って下さい。
蓋の裏部分・・・汚れています。

r2016040102image

r2016040105image

このように外れますので、茶色の小さな網部分もスライドさせて外し、水洗いしましょう。

r2016040106image
洗って、戻した状態ですが、赤く記しを付けた部分。内釜が入った周りには、ご飯がこぼれて、いつの間にか、堅く干せている場合があります。特に、矢印を付けた部分は見えにくいのですが、ご飯が付いていないか、良く確かめて下さい。
ご飯が付いていると、蓋がちゃんと閉まらず、大変危険です。

思いつくままに書きましたが、メーカーの取り扱い説明書を、今一度、読まれる事をお勧めします。


スポンサードリンク



Comments are closed.